英会話のスキルを身につけるための様々な方法

ネイティブに学ぶ

英語学習における今後の動向について

現在ほど英語力が問われている時代はありません。グローバル化に伴い、どのような企業であっても社員の英語習得に力を入れています。TOEICのスコアをある程度達成すれば、報奨金を出す企業もありますし、社内の公用語は英語という企業も決して珍しくありません。そのような中で英会話の力を高める人が多くなっていますが、その学習の場は主に英会話スクールです。これは過去においても現在においても、そうです。しかしながら、現在は英語教材が非常に充実しているために、スクールの授業と併用して自主学習できるようになっています。さらに、インターネットの普及に伴い、さまざまな情報が手に入りますので、衛星放送で勉強することもできます。

注意すべき点について

 英語学習において注意すべき点とは何なのか、これは特に初学者にとって非常に重要な問題です。まず一つ目はカタカナ英語を使わないことです。せっかく英会話スクールで生の英語を聞いてやりとりしても、それを日本語に無理やりあてはめてしまうと、ネイティブの使う英語とは程遠いものになってしまいます。そのため、英会話スクールでネイティブ講師の発音通りに何回も真似をしてみることをお勧めします。そうはいっても、なかなか習得できるものではありません。そこで、前の段落でも記載したように、自主学習として英語教材を購入して勉強すると良いでしょう。特に、リッスンアンドリピート(英語を聞いてそれをそのまま発音する練習方法)は非常に効果的です。