英会話のスキルを身につけるための様々な方法

様々な勉強法

TOEFL対策にかかる金額や時間

就職活動時の資格や昇進のための条件として有効なTOEFLを受験するなら、試験前にしっかりとTOEFL対策をすることが大切です。主な勉強の仕方は自宅で参考書を買って独学する方法や、通信教育の講座を受講する方法、語学学校のTOEFL対策コースに通う方法などがあります。参考書で勉強するなら少ない費用で済みますが、自己意識の弱い人は長続きしません。通信教育や英語教室なら定期的にテストを受けたり他人の監修の下で勉強しなければならないので、集中して学ぶことができます。クラスの他の生徒と競ったり一緒に勉強することでお互いに競争意識が生まれてより実力が伸びることも期待できます。学校によっては短期集中コースや試験前の直前準備コースを提供していることもあります。

TOEFL対策の今と昔の歴史変遷

TOEFL対策と言えば、昔は本屋で参考書を買って自宅で勉強をするのが一般的でした。一通り本を読んで学習したら後はひたすら過去問を解いて、実際の試験と同じように時間を決めて模擬試験を行ったり、添削制の通信講座を使ったりして試験に備えるのが主な勉強方でした。現在もTOEFL対策の参考書は多く出回っていますが、人気を集めているのはオンラインのTOEFL対策講座です。英会話学校や専門の会社、個人が運営するサイトなど様々な講座があり、インターネット上で問題を解いたり解説を読んだり、音声を聞いたりして学ぶことができるシステムです。スカイプやチャットを使ってまるで語学学校に通っているような雰囲気で学べるサイトもあります。